デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • デジタル実践議員の取組みアン...

デジタル実践議員の取組みアンケート2021の結果が公表 [調査データ]

デジタル実践議員の取組みアンケート2021の結果が公表 [調査データ]

「デジタル実践議員宣言」を行った国会議員49名が「デジタル実践議員の取組みアンケート2021」に回答し、その回答が公表された。

「デジタル実践議員宣言」は㈱ワーク・ライフバランスが国会議員に対して呼びかけを実施しているもの。IT などの新たな技術を活用して自ら働き方改革を実践し、デジタル・トランスフォーメーションの動きを促進する、という趣旨に賛同する国会議員が「デジタル実践議員宣言」を行っている。

「デジタル実践議員の取組みアンケート2021」は「デジタル実践議員宣言」を行った国会議員が100名となったことを受けて、宣言をした国会議員に向けて㈱ワーク・ライフバランスが実施。

国会や議員事務所のデジタル化が進まない理由、デジタル化を実践していること、国会議員がデジタル化しないことで国民がどのように困ると思うか、等が質問され49名の国会議員が回答した。フリー回答では、「国会のオンライン化・デジタル化」の必要性に言及するコメントが多かった。

質問に対する結果の概要及び、調査概要は下記の通り。

回答結果の概要
・国会がデジタル化しない理由
1 位:「国会議員のITリテラシーが低いから」69%
2 位:「紙資料のほうが好きだと感じる人が多い」67%
3 位:「慣習を変える意思決定をする人がいない」57%

・議員事務所がデジタル化しない理由
1 位:「紙資料のほうが好き・使いやすいと感じる人が多い」71%
2 位:「対面の方が伝わる・効果的と感じる人が多い」63%
3 位:「国会議員本人のIT リテラシーが低いから」59%

・既に実践しているデジタル化の取組み
1 位:「(国家公務員との打合せにおいて)電話やオンラインの積極的な使用」
2 位:「国会議員本人・議員事務所職員の効率化のためのツール等の導入」
3 位:「地元事務所とオンライン等での情報共有」

[調査概要]
調査名:株式会社ワーク・ライフバランス/デジタル実践議員の取組みアンケート2021
調査対象:デジタル実践議員宣言をしている国会議員100名(メール依頼にて回答を募集)
調査期間:2021年8月6日~8月16日
調査方法:インターネット調査
有効回答数:本調査49件

なお、全回答一覧、デジタル実践議員宣言者の一覧は下記URLより閲覧することができる。
[全回答一覧ダウンロード]
https://wlb.box.com/s/0vl3i0rso04l2m9b9svrenmv1ks9gmgo

[デジタル実践議員宣言者の一覧]
https://digital-challenge.net/declarators.html

(執筆:デジタル行政 編集部 與那嶺 俊)