デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 塩尻市、10月からAI 活用...

塩尻市、10月からAI 活用型オンデマンドバス「のるーと」の有償実証運行をスタート[ニュース]

塩尻市、10月からAI 活用型オンデマンドバス「のるーと」の有償実証運行をスタート[ニュース]

長野県塩尻市は10月1日から3月31日まで、人工知能(AI)を活用したオンデマンドバス「のるーと」の実証運行をスタートさせる。

「のるーと(URL)」は、ネクスト・モビリティ(株)が運行主体となり、決まったダイヤはなく、AIを活用し乗客のリクエストに応じて適宜ルートを設定しながら運行する新しい乗合型の交通サービス。SpareLabs社(カナダ)の配車・運行管理システムを使用しており、AIが利用データを蓄積・学習することで、より効率的な運行が可能となる。また、普通二種免許での運転が可能なためドライバー採用の裾野が広がり、人手不足解消につながることも期待できる。

オンデマンドバス「のるーと」は既存のコミュニティバスとは異なり、利用者が必要な時にアプリで呼べる新しい「乗合バス」で、システムが乗合い状況や道路状況に応じて車両に効率的なルートを案内する。これにより、公共交通の利便性向上と安定的・効率的で持続可能なモビリティサービスの構築が期待できる。

令和3年度の実証運行の概要は次の通り。

【運行期間】
令和3年10月1日(金)~令和4年3月31日(木)

【運行時間】
平日  午前7時~午後8時
土曜日 午前9時~午後8時
日曜日・祝日 午前9時~午後6時

【運行エリア】
高出地区、桔梗ヶ原地区、大門地区の全域と広丘郷原・洗馬・塩尻東地区の一部

【運賃】
大人 200円
小学生・障がい者(※) 100円
乳幼児 無料
※障害者手帳の提示が必要。

【前回からの変更点】
〇乗降拠点を40箇所増やし、市内111箇所に設置
〇バスのラッピングを変更

【利用方法】

〇電話で予約する場合は「のるーと」電話予約センター(0263-50-8668)に電話
〇アプリで予約する場合は下記動画を参照。

 (執筆:デジタル行政 編集部 柏 海)