デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 長野県上田市、総合防災情報シ...

長野県上田市、総合防災情報システムに「緊急対策ソリューション」を採用 [ニュース]

長野県上田市、総合防災情報システムに「緊急対策ソリューション」を採用 [ニュース]

長野県上田市は、株式会社ブイキューブが提供するオペレーションテーブル「V-CUBE Board」と拠点間情報共有システム「V-CUBE コラボレーション」による「緊急対策ソリューション」を採用した。同市は災害対応力の強化に取り組んでおり、今回の採用は、新たに導入した「総合防災情報システム」の一環として採用している。

同市は、新たに導入したシステムと「緊急対策ソリューション」を組み合わせて活用することで地図、気象、被害状況といった災害に関わる情報の収集・共有・伝達の一元化が進み、災害対策本部と被災現場の応急対応や避難所運営を行う各部局との円滑な情報共有や連携、市民への速やかな情報伝達に繋がると評価している。また、集約された情報や実施されたオペレーションをデジタルデータで記録できることから、その後の災害対応に向けたデータの蓄積・活用が可能になると見込んでいる。

「緊急対策ソリューション」は、災害などの有事において、紙やホワイトボードなどを用いた従来型のアナログな情報共有を変革し、関係者が同じ映像や写真、地図情報等を見ながら、正確かつ迅速な情報共有を実現できるソリューション。

同市では、自然災害に備えて、防災拠点としての機能充実による災害対応力の強化のためのシステム導入を検討していた。平常時でも緊急時でも利用でき、災害時には様々な情報を収集し、災害対策本部と各部局が映像で同じ情報を見ながら、認識を合わせ、的確な意思疎通ができる仕組みを検討していた。

(執筆:デジタル行政 編集部 與那嶺 俊)