デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 広島市 各医療機関へのワクチ...

広島市 各医療機関へのワクチン数量分配のオペレーション業務としてkintoneを採用[ニュース]

広島市 各医療機関へのワクチン数量分配のオペレーション業務としてkintoneを採用[ニュース]

広島県広島市は、同市が管理する各医療機関への新型コロナウイルスワクチン数量確認システムとして、サイボウズが提供する「kintone(キントーン)」を導入した。

kintoneを利用した広島市と各医療機関の概念図

2週間という短期間でのシステム導入により、ワクチンの希望数量を各医療機関から直接入力・共有することができるようになり、広島市における申し込み状況や数量の確認などの業務効率化につながっている模様である。なお、本システムの構築はNTTデータ中国が行なった。

広島市では、2021年5月より各医療機関からのワクチン希望数量のとりまとめをメールで受け付け、表計算ソフトで管理をしながら数量の最終確認を電話で行っていた。ワクチンは医療機関に届いた翌日には接種されるため、数量を間違えられないという責任が伴う業務である。
しかし、1日あたり約100件の医療機関からの問合せ対応はオペレーションミスにも繋がりかねないと考え、早期改善が求められた。
そこでローコード・ノーコードで簡単にシステムをデザインできるkintoneを活用し、2週間で広島市が理想とするシステムの構築と早期導入を実現した。

本システムの導入により、各医療機関からワクチンの希望数量を直接入力・共有することが可能になり、申込漏れの防止につながった。また、リアルタイムで情報を確認できるので、職員による数量の最終確認などの電話対応が削減され、オペレーションミスを回避し、効率的に必要なワクチンの数量分配が可能となった。

広島市と各医療機関でのkintone導入前後の様子

kintoneは、国内最大規模で提供されている業務アプリ構築クラウドサービスであり、2020年12月時点で18000社の契約実績がある。

(執筆:デジタル行政 編集部 柏 海)