デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 選挙に関わる行政のデジタル技...

選挙に関わる行政のデジタル技術活用[ニュース]

選挙に関わる行政のデジタル技術活用[ニュース]

第49回衆院選議員総選挙が、10月19日に公示され選挙戦がスタートした。

投票日は10月31日。

これまで、デジタル行政でも選挙における行政のデジタル技術活用の状況を様々取り上げてきた。

こうした取り組みが有権者の投票行動にどう作用するのか、影響が注目される。

(執筆:デジタル行政 編集部 大野 裕貴)

これまで取り上げてきた記事はこちら

大津市、ロコガイドと「地域情報発信等に関する連携協定」を締結[ニュース]

加賀市、北陸初の試みとして投票所の混雑状況をスマホ等で確認できるシステムを導入 [ニュース]

デジタル実践議員の取組みアンケート2021の結果が公表 [調査データ]

豊橋市、「AIの活用で児童虐待に立ち向かう」「期日前投票所の混雑を解消する」をテーマに実証実験[ニュース]

四日市市、投票所の混雑情報をリアルタイムに可視化。空き情報配信サービス「VACAN」を採用[ニュース]

行政サービスのデジタル化で、使われるために大切なこと[インタビュー]