デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 東京都中小企業振興公社、第2...

東京都中小企業振興公社、第2回 躍進的な事業推進のための設備投資支援事業[ニュース]

東京都中小企業振興公社、第2回 躍進的な事業推進のための設備投資支援事業[ニュース]

東京都中小企業振興公社は、東京都における中小企業の総合的・中核的な支援機関として各種支援事業を提供し、東京の経済の活性化と都民生活の向上に寄与する活動をしている公益財団法人だ。

今回、変化・変革に正面から向き合い、先端技術を活用して持続的発展を目指す中小企業者等が、更なる発展に向けた競争力の強化、デジタルトランスフォーメーション(以下「DX」という。)の推進、都市課題の解決に貢献し、国内外において市場の拡大が期待される産業分野におけるイノベーションの推進、後継者による新たな取組みに必要となる機械設備等を新たに導入するための経費の一部を助成するとしている。

事業概要の説明

https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/setsubijosei/rmepal0000021e9z-att/r3_yakushin_gaiyo.pdf

チラシ

https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/setsubijosei/rmepal0000021e9z-att/yakushin_jigyoannai_chirashi.pdf

募集要項

https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/setsubijosei/rmepal0000021e9z-att/r3_2yakushin_youkou.pdf

概要は以下のとおり。

◆主な申請資格
令和3年10月1日現在で東京都内に登記簿上の本店または支店があり、都内で2年以上事業を継続している中小企業者等
※ 都外設置の場合は東京都内に本店があること。

◆助成対象期間
交付決定日の翌月1日から1年6ヶ月
※ 第2回募集の助成対象期間は令和4年4月1日~最長令和5年9月30日。

◆助成対象事業
以下のI~IVのいずれかに合致する事業であること

Ⅰ. 競争力強化
更なる発展に向けて競争力強化を目指した事業展開に必要となる機械設備を新たに導入する事業

Ⅱ. DX推進
IoT、AI、ロボット等のデジタル技術の活用により、新しい製品・サービスの構築や既存ビジネスの変革を目指した事業展開に必要となる機械設備を新たに導入する事業

Ⅲ. イノベーション
都市課題の解決に貢献し、国内外において市場の拡大が期待される産業分野において、新事業活動に取り組むことで、イノベーション創出を図るために必要となる機械設備を新たに導入する事業

Ⅳ. 後継者チャレンジ
事業承継を契機として、後継者による事業多角化や新たな経営課題の取り組みに必要となる機械設備を新たに導入する事業

◆助成対象経費
機械装置、器具備品、ソフトウェアの新たな導入、搬入・据付等に要する経費

機械装置、器具備品、ソフトウェアの新たな導入、搬入・据付等に要する経費

(注)
1基50万円(税抜)以上のものに限る。
 →他にも要件あり。詳細は必ず募集要項を確認すること

◆助成金の申請方法
助成金を申請するためには、事前の予約が必要。


申請予約期間:申請予約期間は令和3年10月13日(水)~令和3年11月11日(木)17時まで

申請書類提出期間:令和3年11月16日(火)~11月25日(木) <持参>
※公社が指定する日時に申請書類一式を持ち込むこと。

その他詳細は東京都中小企業振興公社のホームページから。

https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/setsubijosei/yakushin.html#set

(執筆:デジタル行政 編集部 大野 裕貴)