デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 新潟市、ITソリューション補...

新潟市、ITソリューション補助金の募集[ニュース]

新潟市、ITソリューション補助金の募集[ニュース]

新潟県新潟市ではITソリューション補助金を公募しており、成長事業型の課題解決型の2種類を受け付けている。以下、概要を記載する。

■成長事業型

公募・相談受付期間

【第2回】令和3年10月5日(火曜)から令和3年10月29日(金曜)まで

※補助金申請の前にITコーディネータ、企業誘致課まで事前相談が必須。

■課題解決型

公募・相談受付期間

【第3期】令和3年10月5日(火曜)から(※予算額消化し次第終了)

※補助金申請の前に専門家、企業誘致課まで事前相談が必須。

1.事業概要

※ITツールとは

社内の環境整備や課題解決に資するソフトウェア、ハードウェア、付帯サービスなどをいう

2.対象地域

新潟市内全域

※新潟市外の事業所に設置するITツールは対象外。

3.対象経費

ITコーディネータや専門家の助言を基に、社内の環境整備や課題解決に資するソフトウェア、ハードウェア、付帯サービスなどのITツールの導入に係る経費のうち、以下の経費区分に該当するもの

※補助金交付決定前に導入したITツールは補助対象外のため注意すること。

消耗品費:補助事業のITツール導入に必要な経費であって、備品費(導入価格が3万円(消費税込)以上かつ耐用年数が1年以上のもの)に属さないもの(当該事業のみで使用されるものに限る)の購入等に要する経費

備品費:事業を行うために必要な機械・ソフトウェア等の物品(導入価格が3万円(消費税込)以上かつ1年以上継続して使用できるもの)の購入(自らソフトウェア等を開発するためのITツール等の購入に係る経費は除く)、ただし当事業のみ使用される機能に限る

使用料及び委託費:補助事業者が直接実施することができないもの、または適当でないものについて、他の事業者に行わせるために必要な経費(委任契約)。ただし、下記経費区分に該当するものに限る。

<対象経費区分>

 ◆システム構築委託(設計・機器設置・設定・カスタマイズ・検査費、技術導入費等)

 ◆システム保守委託等の業務委託料

 ◆導入機器等の導入時運用サポート費

利用料及び賃借料:事業の実施に必要なクラウド・WEBサービス利用料、機器・器具等のリース・レンタルに要する経費。(当該事業のみ使用されるものに限る。)

通信費及び運搬費:本事業の遂行に必要な郵送代、通信費、運搬費として支払われる経費

報償費:外部専門家に対する謝礼金や事業協力等に対する謝礼として支払われる経費(なお、外部専門家に対する謝礼は1回につき限度額3万円とする)

その他:事業を行うために必要な経費であって、他のいずれの区分にも属さないもの。原則として、当該事業のために使用されることが特定・確認できるもののほか、市長が特に認めるもの

4.補助内容

■成長事業型

補助率:補助対象経費の2/3以内

限度額:400万円

■課題解決型

補助率:補助対象経費の1/2以内

限度額:100万円

その他、申請・相談方法等の詳細は新潟市のホームページから

https://www.city.niigata.lg.jp/business/growing/seichoshien/itsolutionhojyo.html

(執筆:デジタル行政 編集部 大野 裕貴)