デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 滋賀県庁が最新のAIを学ぶ「...

滋賀県庁が最新のAIを学ぶ「グロース X AI編」を導入 [ニュース]

滋賀県庁が最新のAIを学ぶ「グロース X AI編」を導入 [ニュース]

滋賀県は、職員が最新のAIを学ぶために、株式会社グロース Xが提供するチャット&コラボ型AI研修アプリ「グロース X AI編」を導入した。AI編の導入は自治体では初。

昨今、各自治体において、デジタル化に対して迅速に対応するとともに、制度や組織の在り方等をデジタル化に合わせて変革していくデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進が求められている。

今回の滋賀県における導入では、滋賀県職員10名が「グロース X AI編」で学習を行うことで、DXの推進を強化していくとしている。

【グロース X AI編の特長】

●AIの基礎をわかりやすく学べる、体系化されたカリキュラム

●チャット型アプリで、スキマ時間に学習できる

●AI企画やAIプロマネの実践力が身につく

●チームで学んで共通言語化が可能

●“AI研修/教育のトップランナー”、野口竜司氏がカリキュラム全面監修

(執筆:デジタル行政 編集部 與那嶺 俊)