デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 邑楽町とトラストバンク、デジ...

邑楽町とトラストバンク、デジタル地域通貨を7月1日より導入[ニュース]

邑楽町とトラストバンク、デジタル地域通貨を7月1日より導入[ニュース]

群馬県邑楽町とトラストバンクは、7月1日より、邑楽町が実施する新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた町内の経済活性化対策として、トラストバンクが提供する自治体向け地域通貨プラットフォームサービス「chiica(チーカ)」を活用し、町内の商店や飲食店で使えるデジタル地域通貨「コハクペイ」の導入を開始する。

デジタル地域通貨「コハクペイ」を活用した施策の第一弾では、町内飲食店の救済や子育て世帯の支援を目的に「邑ごはん食事券事業」を実施する。町内の小・中学生、高校生世代の子を持つ保護者に、子ども1人につき3,000円相当のポイントを付与した「邑ごはん食事券」カードを7月下旬より配布。利用者は町内の邑ごはん食事券取扱店での支払い時に、カードに記載されたQRコードを提示し、取扱店がQRコードを読み取ることで決済できる。

第二弾では、町内の商店やスーパー、飲食店の救済のため「プレミアム付商品券事業」を実施。プレミアム付商品券はスマートフォンのアプリまたは、カードで購入でき、10,000円購入すると12,500円分のポイントが付与される。アプリの場合、利用者がアプリからクレジットカードで支払うことで、ポイントが付与されます。カードの場合には、希望者は往復はがきで応募し、後日町から届く当選ハガキを持って、町役場にてカードを購入するという流れになる。

利用者は商品券の購入後、町内のプレミアム付商品券取扱店での支払い時にポイントを利用できる。アプリ支払いの場合、利用者が自身のスマートフォンで取扱店に置かれたQRコードを読み取るか、利用者のスマートフォンアプリに表示されたQRコードを店舗側が読み取ることで決済できる。

邑楽町とトラストバンクは、今後の本格運用において、デジタル地域通貨「コハクペイ」による、健康マイレージポイントの付与や出産祝い金の支給などを予定している。

(執筆:デジタル行政 編集部 長野 光)