デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 福岡市、AI搭載の防犯カメラ...

福岡市、AI搭載の防犯カメラを活用した悪質・迷惑な客引き対策の実証実験を開始[ニュース]

福岡市、AI搭載の防犯カメラを活用した悪質・迷惑な客引き対策の実証実験を開始[ニュース]

福岡県福岡市は、犯罪の防止を図るため、繁華街(中央区天神・大名地区、博多区博多駅筑紫口地区)における居酒屋などへの悪質・迷惑な客引き行為を許さない環境の構築に取り組んでいる。今回、公民連携ワンストップ窓口「mirai@」(ミライアット)で募集した、「防犯カメラを活用した悪質・迷惑な客引き対策」の実証実験を開始する。

実証実験では、客引きが多く集まる場所にAIの学習済みモデルを実装したカメラを設置し、人混み状況を検知。撮影範囲内において、事前に設定した人数以上をカウントすると、併設したスピーカーから事前に登録した音源コンテンツを再生し注意喚起を行なう。注意喚起後の客引きや来街者の行動変容を分析し、悪質・迷惑な客引き対策としての有用性を検証する。
人数カウントの処理はカメラ内で行い、別途専用サーバーを必要としないため、顔など個人を特定する情報が漏れることはないとのことだ。

出典:福岡市HP