デジタル行政について
  • TOP
  • 事例
  • 【開催自治体募集】CA Te...

【開催自治体募集】CA Tech Kids、地方自治体による小学生プログラミングコンテストの開催を無償支援

【開催自治体募集】CA Tech Kids、地方自治体による小学生プログラミングコンテストの開催を無償支援

サイバーエージェントの連結子会社で、小学生向けプログラミング教育事業をおこなう株式会社CA Tech Kids(シーエーテックキッズ)は、2021年度、地方自治体による小学生を対象としたプログラミングコンテストの開催の無償支援をおこなうにあたり、開催を希望する自治体の募集を開始した。

同社は、2018年度より地方自治体による地域の小学生を対象としたプログラミングコンテストの開催支援を開始。

コンテスト全体の設計から、作品の募集と審査、広報活動等、幅広い支援を無償で行なってきた。2020年度は全国12の自治体等との連携による開催実績があるとのこと。

【2020年度地域のコンテストを開催した12の団体】

各地域でのコンテストの開催事例(一部)は、以下の通りである。

各大会の表彰結果は、地方紙やWeb記事等を中心に各種メディアで取り上げられ、その地域での話題を呼んでいる。また、学校現場からは「子どもたちにとって、地元に挑戦の機会があることで身近な目標となり、プログラミング学習に対するモチベーションが上がった」、「子どもたちが開発した作品やプレゼンテーションを見て、プログラミングを教える教員の意識が変わった」などといった好評を得ているとのことだ。

同社は2021年度も引き続き地域でのプログラミングコンテスト開催を無償で支援することを決定。開催を希望する自治体の募集を、2021年1月21日より開始した。

プログラミングコンテストの開催を検討・希望する自治体ご担当者は、以下の申し込みページより資料請求をしてほしいとのことだ。

■地域プログラミングコンテスト開催希望自治体募集ページ

https://techkidsschool.jp/event/tkgp2021_regions_submit

(執筆:デジタル行政 編集部 野下 智之)