デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 徳島県 とくしまICTバザー...

徳島県 とくしまICTバザールVol.6 ブース&セミナー出展者を募集[ニュース]

徳島県 とくしまICTバザールVol.6  ブース&セミナー出展者を募集[ニュース]

徳島県は今回で6回目を迎えるとくしまICTバザールの出展者を募集している。今回は徳島ビジネスチャレンジメッセ2021とのコラボレーション開催とし、同メッセ内にとくしまICTバザールエリアを展開する形で実施する。

とくしまICTバザールはブース出展の出展物や製品、サービス等に使われている技術等について、様々な業種の出展者や来場者との交流及びマッチング機会の創出をすることや、これからの時代を担う若い世代の方を中心に、解説することで、デジタル人材の育成を行うことを主目的としている。

とくしまICTバザールの開催予定は、オンライン開催が令和3年10月18日(月)~23日(土)、リアル会場が令和3年10月21日(木)〜23日(土)。出展者の募集は令和3年8月31日(火)まで行っている。

また、株式会社STNet徳島支店の特別協賛による、徳島ビジネスチャレンジメッセ2日目(場所:ときわホール)にて、「とくしまICTバザール特別セミナー powered by STNet(仮称)」を開催を決定。DXをメインテーマに最先端技術の活用方法やデジタル技術を活用した新しいワークスタイルなどのセミナー講演企業も募集している。

詳しくはこちらから

https://tokushima-ict-bazaar.jimdofree.com/%E5%87%BA%E5%B1%95%E8%80%85%E5%8B%9F%E9%9B%86/

その他、詳細は次のとおり。

【開催趣旨】

・デジタル産業に携わる地場企業等が自慢の逸品を持ち寄り、ブースの出展やセミナーの開催を通じて、出展企業同士や来場者との交流及びマッチング機会を創出する。

・子どもたちが最先端のデジタル機器に触れる機会を設けてSociety5.0への興味と理解を促し、未来のデジタル人材の下地を醸成する。

【出展料】

 徳島ビジネスチャレンジメッセのブース出展料(出展募集要項)のとおり。 ※出展料は徳島ビジネスチャレンジメッセ実行委員会からの請求。

【申込】

下記、公式ホームページから応募専用ページへアクセス。

https://tokushima-ict-bazaar.jimdofree.com/%E5%87%BA%E5%B1%95%E8%80%85%E5%8B%9F%E9%9B%86/

【イベント】

 「小学生インターンシップ」への参加や、その他のイベントを検討している場合は「とくしまICTバザール事務局(徳島県デジタルとくしま推進課)」まで連絡のこと。

【開催日時】

オンライン:令和3年10月18日(月)~23日(土)

リアル会場:令和3年10月21日(木)〜23日(土)

【会場】             

メイン会場:アスティとくしま(徳島市山城町東浜傍示1-1)

サテライト会場:徳島県立工業技術センター(徳島市雑賀町西開11-2)

 【主催】

徳島ビジネスチャレンジメッセ実行委員会

【構成団体】

徳島県、徳島市、とくしま産業振興機構、徳島商工会議所連合会、徳島県商工会連合会、徳島県中小企業団体中央会、徳島大学、日本政策金融公庫、徳島健康科学総合センター、徳島ニュービジネス協議会

【後援】

 四国経済産業局、徳島県機械金属工業会、日本ニュービジネス協議会連合会、阿南工業高等専門学校、四国大学、徳島工業短期大学、徳島文理大学、鳴門教育大学、朝日新聞徳島総局、NHK徳島放送局、 エフエム徳島、エフエムびざん、共同通信社徳島支局、ケーブルテレビ徳島、産経新聞社、四国放送、時事通信社徳島支局、徳島新聞社、日本経済新聞社徳島支局、毎日新聞社徳島支局、読売新聞徳島支局、 阿波銀行、四国銀行、徳島大正銀行

(執筆:デジタル行政 編集部 大野 裕貴)