デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • TKC、地方公共団体向け情報...

TKC、地方公共団体向け情報誌『新風(かぜ)』新年号発行-自治体DX推進や公会計改革など取り組み事例を紹介[ニュース]

TKC、地方公共団体向け情報誌『新風(かぜ)』新年号発行-自治体DX推進や公会計改革など取り組み事例を紹介[ニュース]

TKCは、地方公共団体向け情報誌『新風(かぜ)』2022 年新年号(vol.125)を発行した。

本号では、埼玉県美里町と川島町が「ガバメントクラウド先行事業」の検証団体に採択されたことを受け、座談会形式で DX 推進へ取り組む自治体トップの思いや期待などを伺うほか、茨城県つくば市の市民が実感できるデジタル化への取り組みや、継続可能な財政経営へ公会計情報の徹底活用を目指す栃木県鹿沼市様の事例を紹介している。

TKC では 1996(平成 8)年より『新風』を発行。同誌は広報誌にとどまらず、事業目標に掲げる〈行政効率向上による住民福祉の増進〉に則って、国の最新動向や創意あふれる先進事例など全国の地方公共団体の方々に役立つ情報をお届けしている。

◆ 『新風(かぜ)』 1月号(vol.125) の概要
・体裁 A4 判/16 ページ/季刊(1 月、4 月、7 月、10 月)発行
・配付先 全国の地方公共団体のほか、中央省庁や関係機関へ無償配付
・Web 版 https://www.tkc.jp/lg/kaze/
*最新号とバックナンバーは、TKC ホームページからも視聴可能。

【特集】
座談会「自治体 DX へ舵を切る! “住民も行政ももっと便利”な未来へ」
〈出席者〉
埼玉県町村情報システム共同化推進協議会 会長/美里町長 原田信次 氏
埼玉県町村情報システム共同化推進協議会 副会長/川島町長 飯島和夫 氏
埼玉県町村会 情報システム共同化推進室長 本山政志 氏
本誌編集人/株式会社 TKC 代表取締役専務執行役員 飛鷹 聡 氏
TKC の対応方針――DX 推進を一体的に支援

【ユーザー事例】
「市民一人ひとりにやさしい『デジタル窓口』へ」
茨城県つくば市 様
「持続可能な財政運営へ、公会計情報を徹底活用」
栃木県鹿沼市 様

【デジタル・ガバメントここがポイント】
「自治体の DX 推進計画」
株式会社 TKC 自治体 DX 推進担当部長 松下邦彦 氏

【TKC Support Information】
住基システム
「窓口業務の継続性確保へ BCP 対策支援を強化」
イベント案内
「地方自治情報化推進フェアで、DX など支援システムを紹介」

(執筆:デジタル行政 編集部 野下 智之)