デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 小田原市、新型コロナウイルス...

小田原市、新型コロナウイルス感染症に関するAIチャットボットシステムの運用開始[ニュース]

小田原市、新型コロナウイルス感染症に関するAIチャットボットシステムの運用開始[ニュース]

神奈川県小田原市は9月17日から、新型コロナウイルス感染症に関するAIチャットボットシステムの運用を開始した。

小田原市では、デジタル化によるまちづくりを推進しており、人工知能(AI)と問い合わせに自動応答するプログラム(チャットボット)を使ったAIチャットボットシステムによるオンライン相談サービスの導入を予定している。

本サービスの本稼働前に、日本電気株式会社からの協力を受け、新型コロナウイルス感染症やワクチン接種に関する内容に限定したサービスを9月17日から試行的に導入した。本機能の導入により、ホームページや公式LINEアカウントから、いつでもどこでも、24時間365日、新型コロナウイルス感染症について、簡単に相談することができるようになっている。

PCからチャットボットを利用する際はこちら(URL)。
また、LINEからチャットボットを利用する際はこちら(URL)。

(執筆:デジタル行政 編集部 柏 海)