デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 三重県大台町、AIオンデマン...

三重県大台町、AIオンデマンド交通実証実験を実施[ニュース]

三重県大台町、AIオンデマンド交通実証実験を実施[ニュース]

三重県大台町は、総務省より交付された「過疎地域持続的発展支援事業」の一環として、「AIオンデマンド交通実証実験」を実施する。本実証実験は、大日本印刷株式会社と未来シェア株式会社が共同で、2021年11月1日~12月28日に行う。

本実証実験では、道の駅などに設置されたデジタルサイネージ等で簡単に乗合タクシーを予約できる「DNPモビリティポート」のサービスと、リアルタイムで乗合タクシーを配車する未来シェアのサービス「SAVS(Smart Access Vehicle Service)」を利用し、“中山間地域”における公共交通の利用促進施策の実効性を検証する。

中山間地域は、農業地域類型区分のうち中間農業地域と山間農業地域を合わせた山あいの農山村地域を指し、日本の国土のおよそ70%を占めている。中山間地域では、人口減少などによって公共交通の運営継続が困難となっている反面、高齢化にともなう免許返納の増加もあり、公共交通の重要性はさらに増してきている状況である。こうした交通関連の課題解決に向け、自動車等の所有ではなく、移動手段としてのサービスを提供していく「MaaS(Mobility as a Service)」の活用に期待が集まっている。

このような中山間地域に共通する公共交通の課題を抱える大台町で、大日本印刷社と未来シェア社は共同で、AIを活用して高齢者を含む利用者一人ひとりのニーズに対応する“オンデマンド交通”などを気軽に利用できる新たなモビリティサービスを提供することを決定した。大台町はこの実証実験の検証結果を公共交通計画に活用するとともに、同町を含む近隣の6町が推進する「三重広域連携スーパーシティ構想」にも活用し、地域の活性化を目指す。

大台町では、定時定路線型の乗合タクシーや、スクールバスを活用した町営バスを運行しているが、利用者が減少する中で持続可能な経営を実現するという課題があった。

今回の実証実験では、未来シェア社が提供する「SAVS」を利用して、リアルタイムの“ドアツードア型乗合タクシー運行”を実現し、生活者の利便性向上を図る。「SAVS」は、AIによって、生活者の利用希望とタクシーやバスの運行状況をリアルタイムで計算し、時間やルートを固定せずに、最適な乗合い車両の配車を決定するサービス。

また、タクシー等の利用頻度が高い三瀬谷駅前の「道の駅 奥伊勢おおだい」と報徳診療所の2ヶ所に、デジタルサイネージで出先から自宅迄の配車を簡単に予約できる「DNPモビリティポート」を設置することで、今回提供する“オンデマンド交通”が気軽に予約できるようになる。「DNPモビリティポート」は、デジタルサイネージで地域情報や公共交通の運行情報の表示、オンデマンドな交通手段の呼び出しなどができるシステム。


■検証内容について
○交通事業者が、定時定路線型からオンデマンド型へ運行方法を転換することによる収益性の分析
○スマートフォンを持たない高齢者等の利用者による、外出先でのリアルタイム予約システムの利用状況の分析

大日本印刷社は、2022年度に、大台町を含めた近隣の6町が推進する「三重広域連携スーパーシティ構想」の一環として、「DNPモビリティポート」を利用した6町広域連携による相互周遊で更なる移動活性化を計画している。また将来的に、地域住民だけでなく、観光客が公共交通を活用する観光地の周遊や、周辺広域6町における「MaaS」の導入を図っていく予定。
さらに、各地で展開されている交通結節点の整備、およびスマートシティやスーパーシティのモビリティ課題の解決に向けたプラットフォームとして「DNPモビリティポート」の提供に注力していく。

(執筆:デジタル行政 編集部 和泉 理子)