デジタル行政について
  • TOP
  • 事例
  • 盛岡市、ごみ分別促進アプリ「...

盛岡市、ごみ分別促進アプリ「さんあ〜る」を導入し6月より提供を開始[ニュース]

盛岡市、ごみ分別促進アプリ「さんあ〜る」を導入し6月より提供を開始[ニュース]

岩手県盛岡市は、6月1日(火)より資源・ごみの収集日程や分別区分の確認などができる機能を搭載した、スマートフォン向け資源・ごみ分別アプリの配信を開始した。

市民は、スマホでApp Store (iOS版)やGoogle Play(Android版)から「さんあ〜る」をダウンロードし、地域設定をすれば利用可能となる。

ごみ収集日の前日や当日に通知を受け取ることができる「通知機能」、トップ画面下カレンダーで週単位、詳細カレンダーで月単位でごみの収集スケジュールが一目で把握できる「収集カレンダー機能」。また、「メモ機能」やごみの品目ごとの分別方法を知れる「分別辞典機能」、市からの「お知らせ機能」、関連施設や回収拠点が地図で表示される「地図表示機能」などがあり、住民は無料(通信料は必要)で利用することが出来る。

また、多言語対応も進められており、「カレンダー機能」では,英語,中国語,ベトナム語に、「分別辞典機能」においては随時英語や中国語の項目が拡充されていく予定とのこと。

盛岡市は、6月1日から6月30日までは,先行公開期間として位置付けており、本格運用は,7月1日からを予定している。

「さんあ~る」は、株式会社ディライトシステムが2015年に自治体向けに提供を開始したごみ分別促進アプリである。自治体は独自に開発を行う必要がなく、低価格で導入、運用をすることが出来ることが大きな特徴。

初期設定費用は5万円、サーバー使用料月額1万円~で、住民向けサービスとして利用することが出来る。なお自治体と同社との契約から利用開始までに要する期間は、1カ月程度とのこと。

同アプリは、2020年11月時点で既に34都府県148自治体の導入実績がある。

「さんあ~る」導入済み自治体一覧(34都府県148自治体)

2020.11.1現在

※〇数字は、各都府県の導入自治体数

【北海道①】  函館市​

【宮城県⑪】  仙台市・名取市・白石市・角田市・蔵王町・七ヶ宿町・大河原町・村田町・柴田町・川崎町・丸森町       ​

【福島県②】  いわき市・福島市 ​

【茨城県①】  つくば市​

【栃木県⑧】  宇都宮市・真岡市・上三川町・日光市・下野市・栃木市・佐野市・小山市​

【埼玉県②】  八潮市・上尾市​

【東京都②】  多摩市・世田谷区 ​

【千葉県⑪】  印西市・松戸市・白井市・柏市・船橋市・成田市・千葉市・酒々井町​・四街道市・栄町・野田市  ​

【群馬県⑨】  伊勢崎市・高崎市・みなかみ町・前橋市・桐生市・沼田市・玉村町・太田市​・ 館林市​

【神奈川県⑤】  座間市・平塚市・綾瀬市・秦野市・逗子市​

【長野県⑧】  松本市・安曇野市・高森町・上田市・伊那市・軽井沢町・下諏訪町・飯田市​

【静岡県③】  沼津市・湖西市・富士市 ​

【愛知県㉕】  名古屋市・豊田市・尾張旭市・半田市・常滑市・清須市・知多市・豊橋市​・田原市・西尾市・小牧市・新城市・犬山市・春日井市・豊川市・蒲郡市​・高浜市・長久手市・岡崎市・岩倉市・愛西市・みよし市・蟹江町・飛島村​

【岐阜県④】  関市・海津市・瑞浪市・高山市                ​

【三重県③】  四日市市・名張市・津市​

【新潟県①】  新潟市​

【富山県①】  滑川市​

【奈良県⑤】  斑鳩町・葛城市・広陵町・大和高田市・御所市 ​

【大阪府⑥】  大阪市・豊中市・堺市・和泉市・東大阪市・枚方市 ​

【和歌山県②】  田辺市・新宮市​

【兵庫県⑥】  伊丹市・宝塚市・尼崎市・稲美町・西脇市・ 多可町​

【岡山県②】  倉敷市・瀬戸内市 ​

【広島県②】  安芸高田市・北広島町 ​

【鳥取県②】  米子市・大山町​

【山口県④】  山口市・下関市・防府市・長門市​

【島根県①】  出雲市​

【徳島県②】  吉野川市・徳島市​

【愛媛県④】  伊予市・松前町・今治市・西条市​

【香川県②】  高松市・綾川町​

【福岡県④】  筑後市・みやま市・八女市・広川町​

【宮崎県②】  宮崎市・国富町​

【熊本県①】  八代市​

【鹿児島県⑤】  鹿児島市・霧島市・出水市・長島町・枕崎市​

【沖縄県①】  南城市 ​

※導入価格、導入実績は、いずれもディライトシステム社HPを参照

http://delight-system.co.jp/threeR_HP/index.html

(執筆:デジタル行政 編集部 野下 智之)