デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 千葉県市川市、「冠水情報管理...

千葉県市川市、「冠水情報管理システム」及び「土砂ハザードモニタリングシステム」の実証実験を開始

千葉県市川市、「冠水情報管理システム」及び「土砂ハザードモニタリングシステム」の実証実験を開始

千葉県市川市は、「大雨等に伴う浸水対策の強化」として令和3年度に市川市内に設置された「冠水センサ」及び「斜面変動監視センサ」の更なる利活用に向け、応用地質株式会社と実証実験を開始した。

実証実験の目的は、応用地質㈱が開発する「冠水情報管理システム」及び「土砂ハザードモニタリングシステム」を実際の災害対応業務の中で試用することを通じ、市川市における情報システムを活用した災害対応フローの検討及び課題抽出の一助とするとともに、応用地質が開発するシステムの改善及び強化を行うこととしている。

市川市では、IoT 機器等を活用して、豪雨に伴う道路の冠水や崖地の異常を遠隔地からリアルタイムに検知し、迅速な災害対応を実施すべく、令和3年度に「道路冠水対策」として市内の道路冠水常襲箇所(13箇所)に冠水センサを、また「崖地監視対策」として市内危険崖地箇所(4箇所)に斜面変動監視センサを設置。冠水センサ及び斜面変動監視センサは応用地質㈱の「冠すいっち」及び「クリノポール」が採用されており、既に運用が開始されている。

「冠水情報管理システム実証実験」の概要

道路冠水は、センサによってリアルタイムに検知し、初動の迅速化を図ることができる一方、その後の通行規制等の対策状況や、道路周辺の家屋・店舗の浸水状況等の情報共有・管理も重要であり、このような後継活動も含めた災害対応フロー全体の連携が必要となる。

また、一連の防災及び危機管理活動の履歴情報は、蓄積・管理することで、今後の災害対策立案等に有効活用することも可能となる。今回の実証実験では、応用地質㈱が開発している様々なハザードに対する危機管理の統合プラットフォーム実際の行政の管理業務の中で試験的に使用することで、自治体の災害対応フローへのフィッティング及び機能改善・強化を行う。

「土砂ハザードモニタリングシステム」実証実験の概要

「土砂ハザードモニタリングシステム」は、以下の3つの機能を連動させたシステムで、現在は7自治体で実運用による実証実験を展開している。

(1) 崩壊危険箇所の抽出

AI崩壊危険箇所スクリーニング(経験豊富な地質技術者の知見やノウハウを学習させたAIにより、地形及び地質等から短時間で崩壊危険箇所を抽出する仕組み)の結果に、土砂災害警戒区域情報等を加味して崩壊切迫性判断の対象となる崩壊危険箇所を抽出する。

(2)崩壊切迫性判断

個々の崩壊危険箇所に対して、雨量及び土壌雨量指数並びに斜面変動監視センサ(クリノポール)から得られるデータ等から総合判断し危険度を判定する。

(3)崩壊影響範囲判定

崩壊危険箇所からの傾斜角及び傾斜方向並びに集水域や水涯線の有無を考慮し、崩壊時の影響範囲とその危険度を評価する。

(執筆:デジタル行政 編集部 與那嶺 俊)