デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 蒲郡市、移住定住促進を目的に...

蒲郡市、移住定住促進を目的に統合マーケティング支援システムを導入[ニュース]

蒲郡市、移住定住促進を目的に統合マーケティング支援システムを導入[ニュース]

愛知県蒲郡市とシャノンは、12月16日に、移住定住の促進などに向けた連携協定を締結した。
シャノンは、同社が提供する統合型マーケティング支援システムである「SHANON MARKETING PLATFORM」を活用し、蒲郡市の地域の魅力発信や、市民サービスの向上等を支援していく。

本連携では蒲郡市の移住定住施策にSHANON MARKETING PLATFORMを組み入れることで、全体的な施策効果の最大化を目指していく。

現在各自治体の実施している移住定住課題の解決に向けた施策について多くの場合、どのように貢献したかが見えにくい状態になっている。また、移住を検討する方が移住定住を考えるタイミングは様々であり、画一的な施策を行うだけでは移住定住者増にはなかなか繋がらない。

そこで、施策に同ツールを活用して、施策成果の見える化の推進を実現し、PDCAを回しながらシナリオ・コンテンツのブラッシュアップをおこない、施策の成果向上につなげることを目指す。また同ツールのシナリオ機能などによって移住定住を検討している一人ひとりに最適なタイミングで最適な内容の発信することができ、より効果的な移住定住施策を実現させる。

(執筆:デジタル行政 編集部 野下 智之)