デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 伊達市、マイナンバーカードを...

伊達市、マイナンバーカードを利用した特定健康診査等情報の閲覧等を開始[ニュース]

伊達市、マイナンバーカードを利用した特定健康診査等情報の閲覧等を開始[ニュース]

福島県伊達市は10月27日、マイナンバーカードを利用した特定健康診査等情報の閲覧を開始した。

令和3年10月20日より、マイナンバーカードの保険証利用(オンライン資格確認)が本格運用された。これにより、10月21日からはマイナポータルで特定健診情報等の閲覧が開始される。また、処方された薬の情報も閲覧可能となり、生活習慣の改善など自分の健康管理に役立てることができる。なお、利用するには、マイナンバーカードの保険証利用登録が必要となる。

閲覧可能な情報は下記の通り。

1.医療保険情報(加入している医療保険情報)
2.医療費通知情報(令和3年9月診療分以降の医療費情報)
3.薬剤情報(令和3年9月診療分以降の薬剤情報)
4.特定健診情報(令和2年度以降の健診情報)
5.後期高齢者健診情報(令和2年度以降の健診情報)
※準備中の情報もあり、順次閲覧可能となる。

また、本人の同意があれば、令和2年度以降に受診した特定健診情報等について、マイナンバーカードの保険証利用対応している医療機関に提供することができる。

(執筆:デジタル行政 編集部 柏 海)