デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • クラスメソッド、全国53自治...

クラスメソッド、全国53自治体のワクチン予約サイトに、オンライン待合室サービスを無償提供 [ニュース]

クラスメソッド、全国53自治体のワクチン予約サイトに、オンライン待合室サービスを無償提供 [ニュース]

クラスメソッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:横田 聡)は、米国Cloudflare社と連携し、Webサイト訪問者の待機順管理を行うオンライン待合室「Cloudflare Waiting Room」の無償提供を2021年3月より開始し、6月3日現在で、全国53自治体(人口規模871万人)のワクチン接種予約サイトに導入されている。

また同社は引き続きオンライン待合室の導入支援を行っており、近日中に317自治体(人口規模2537万人)の予約サイトで利用が開始される見込みとのこと。

「Cloudflare Waiting Room」は、アクセスが集中するWebサイトについて、既存のサーバー構成を変更することなく、アクセス待機の順番管理を可能にするサービス。

ワクチン接種の申し込みや、ECでの新製品の発売、コンサートチケットの販売など、アクセス集中が予想されるサイトに対して同サービスを利用することで、ユーザーにアクセスを繰り返させることなく、順番に申し込みフォームに誘導することができるようになる。さらに、待ち時間の見積もりを示したり、順番が近づいてきたときに通知することも可能。一定のセキュリティ対策を行うこともできるという。

(執筆:デジタル行政 編集部 野下 智之)