デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 筑後市、マイナンバーカードを...

筑後市、マイナンバーカードをつくった先着1万人に商品券5,000円分を配布[ニュース]

筑後市、マイナンバーカードをつくった先着1万人に商品券5,000円分を配布[ニュース]

福岡県筑後市は、令和3年5月以降に新規にマイナンバーカードを申請し、令和4年2月28日までにマイナンバーカードの交付を受けた人を対象として、先着1万人に商品券5,000円分を配布する。

筑後市では行政のデジタル化の基礎となるマイナンバーカードの普及を促進しており、市ではマイナンバーカードをつくった先着1万人に、市内で利用できる商品券(5,000円分)を配布することに決定した。

キャンペーンの概要は次の通り。

【対象者】
令和3年5月以降に新規にマイナンバーカードを申請し、令和4年2月28日までにマイナンバーカードの交付を受けた人
※1 商品券配布時に筑後市民であることが条件。
※2 マイナポイントと商品券を二重に受け取ることはできない。
※3 令和4年3月1日以降にマイナンバーカードの交付を受ける人は、商品券の対象とならない。

【ちくごマイナ商品券】
額面 1人につき5,000円分(1,000円券を5枚)
使用期間 令和3年12月1日~令和4年3月13日
登録店舗 商品券配布時に案内。

(執筆:デジタル行政 編集部 柏 海)