デジタル行政について

長野県DX戦略~Society5.0 時代の新たな信州への道しるべ~[ニュース]

長野県DX戦略~Society5.0 時代の新たな信州への道しるべ~[ニュース]

長野県は、旧国名の「信濃」にちなんで信州とも呼称される、軽井沢や上高地を筆頭としたリゾートとしても有名な県だ。キャッチフレーズはしあわせ信州。

近年ではDX化に力を入れており、2020 年7月には長野県DX戦略を策定。データ公開とデータ利活用を促すなど、県を挙げたDXへの取り組みを進めている。

IT人材・IT産業の集積を促し、ものづくり産業から観光・農林、医療福祉に至るまで全ての産業のDX推進と高度化を加速させるとともに、産学官が連携しITビジネスの創出を促すエコシステムを構築を目指す「信州ITバレー構想」などもあり、ますます動向に注目が集まる自治体だ。

長野県DX Webサイト

https://sites.google.com/union.nagano-map.lg.jp/nagano-dx/home?authuser=0

信州ITバレー構想

https://nagano-it.jp/

これまで、デジタル行政でも長野県内の取り組みを数多く紹介してきた。今回はその一部を紹介する。

まちを走る診療車、医療を変える-長野県伊那市「モバイルクリニック事業」[インタビュー]

中野市、学習用タブレット端末を市内小中学校に配備[ニュース]

佐久市、Slackを活用した移住のオンラインサロン「リモート市役所」の課長が決定[ニュース]

佐久市、試住の支援&補助金サービス「Shijuly(シジュリー)」のサービスを開始[ニュース]

塩尻市、一般社団法人日本ディープラーニング協会と連携して塩尻市職員のデジタル人材育成を実施[ニュース]

(執筆:デジタル行政 編集部 大野 裕貴)