デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 大分県、「STEAMオンライ...

大分県、「STEAMオンライン講演会 vol.1」を開催[ニュース]

大分県、「STEAMオンライン講演会 vol.1」を開催[ニュース]

大分県教育委員会は9月11日、「STEAMオンライン講演会 vol.1」を開催する。

大分県教育委員会では、STEAM教育やSDGsなどを通じて、先端科学技術分野等で幅広く活躍できる「大分県STEAM教育(次世代人材育成)推進事業」行っている。本事業は、株式会社Barbara Poolおよび一般社団法人STEAM JAPANとの産官学連携による「人的ネットワークの形成」や「学び(STEAM教育)の場の提供」を行うことで、県内高校生の思考力・創造力を育成できる体制の構築が狙いとなっている。

STEAM教育とは、現代社会の課題を解決する力を養う新しい教育モデル。アジア初となる大分空港のスペースポート化構想(2024年予定)を踏まえ、大分県教育委員会では、全国に先駆け、STEAM教育やSDGsなどを通じて、分野横断的な視点でグローバルに活躍できる次世代の育成を目指している。

STEAMオンライン講演会 vol.1では、宇宙や科学分野の第一線で活躍する研究者やエンジニアらが登壇し、探究学習の必要性や高校生だからできる課題解決、グローバルに活躍するために必要なスキルなどが語られる。

主な概要は次の通り。

【概要】
◆日時:令和3年9月11日(土) 13:00~17:00
◆場所:オンライン開催
◆参加費:無料
◆募集期間:2021年8月16日(月)~9月7日(火)
◆公式ウェブサイト:https://www.oitasteam.jp

【内容】
第1部 「STEAM型 探究学習のススメ」 13:05 -14:15(大島教授):
未来を担う高校生にとって必要なのは、グローバルな視点でさまざまな課題解決ができるようになる革新的(イノベーティブ)なアイデアや視点が持てるようになることである。女性研究者ならではの視点で、研究者の未来と今後の展望を語る。

第2部「日本の高校生 先端事例紹介− 未来を生きる高校生へ− 」14:20-15:30(鵜飼氏):
2030年、2040年の世界はどうなっているのか。未来を生きる高校生に必要なのは、自分自身の力でさまざまなアイデアを具現化することとなる。未踏ジュニアでは、独創的なアイデアを開発する小中高生クリエイター達を育成している。未踏ジュニア代表の鵜飼氏と未踏の卒業生が、先端事例の紹介や高校生だからこそできることを語る。

第3部 15:35 -16:45(高林氏):
2030年OISTは、世界レベルの教員らのサポートで多様な研究が関われる、学内に最新鋭の研究設備と機器を備えた研究室がある。教員・学生の半数以上は海外出身者で、グローバルな環境で最先端の科学技術を学ぶことができる。講演では、世界の科学技術の“いま”と国際的な環境で活躍するために必要なスキルを学ぶ。

(執筆:デジタル行政 編集部 柏 海)