デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • KSI、7月より官公庁オーク...

KSI、7月より官公庁オークションのサービス開始[ニュース]

KSI、7月より官公庁オークションのサービス開始[ニュース]

紀尾井町戦略研究所株式会社(KSI)は7月から「KSI官公庁オークション」をサービス開始する。

官公庁オークションとは、行政機関が実施する「インターネット公売(税金滞納者の差し押さえ財産の落札)」や「公有財産売却(政機関所有の財産を落札)」となる。本サービスは2021年3月にサービスが終了した「Yahoo!官公庁オークション」をKSIが事業を引き継ぐ形で運営を行い、インターネット上で公売に参加することが出来る。モバイル対応のほか、公有財産売却において、これまで対応していなかった“せり”機能を新しく追加し、支払い方法においても、クレジットカードによる納付にも対応する。

サービス告知サイトがオープンしており、現在は出品希望者を募っている。

開催スケジュール(予定)は下記の通り。

(執筆:デジタル行政 編集部 柏 海)