デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 福山市、職員用パソコン・公衆...

福山市、職員用パソコン・公衆無線LAN掲載の広告枠を販売[ニュース]

福山市、職員用パソコン・公衆無線LAN掲載の広告枠を販売[ニュース]

広島県福山市は1月4日、職員用パソコン・公衆無線LAN掲載の広告枠の販売を開始した。

今回販売を開始した広告枠は①市職員が利用している内部事務用のグループウェアシステム②公共施設に整備している公衆無線LANの2か所。福山市では企業PRや販売促進活動などへの活用を呼び掛けている。

募集要項は下記の通り。

①職員用パソコン(グループウェア)
【広告対象者】
福山市職員

【アクセス数】
広告表示ページのアクセス数:約455,000件/月

【募集枠】
1枠

【広告掲載料金】
1枠あたり10,000円/月

②公衆無線LAN(ふくやまフリーWi-Fi)
【広告対象者】
ふくやまフリーWi-Fi利用者

【アクセス数】
利用者数:約300件/月
※2施設での利用数。
※2022年度(令和4年度)から6施設へ拡大予定

【募集枠】
3枠

【広告掲載料金】
1枠あたり5,000円/月

詳細な広告募集要項等は福山市ホームページにて(URL)。

(執筆:デジタル行政 編集部 柏 海)