デジタル行政について

郡山市、再生可能エネルギーウェビナーを開催[ニュース]

郡山市、再生可能エネルギーウェビナーを開催[ニュース]

福島県郡山市は6月29日午後3時より、「郡山市再生可能エネルギーウェビナーー公共施設を活用した再エネ研究最前線」を開催する。

郡山市では産学官連携の下、再生可能エネルギーのさらなる導入拡大と社会実装を目指し、公共施設を活用した再生可能エネルギー研究の実証事業に取り組んでいる。本ウェビナーでは3名の発表者を招致し、総合地方卸売市場や廃校を活用した再生可能エネルギー研究の最前線を紹介する。

開催概要は次の通り。

【日時】
6月29日(火) 午後3 時~午後4時
【開催形式】
オンライン開催(録画を後日、郡山市YouTube チャンネルで配信予定
【内容】
総合地方卸売市場での水素エネルギーシステム実証事業、旧赤津小学校での再生可能エネルギー共同研究施設、喜久田ふれあいセンターでの地中熱冷暖房システムの紹介 ※参加料無料
【対象】
一般市民や事業者等の皆様、先着100 名。
【申込み】
メールまたはFAX で申込み。市のウェブサイトからも申込み可。
メール: sangyousousyutu@city.koriyama.lg.jp
FAX: 024-925-4225
【発表者】
前田 哲彦氏(国立研究開発法人 産業技術総合研究所 福島再生可能エネルギー研究所(FREA)水素・熱システムチーム(清水建設-産総研ゼロエミッション・水素タウン連携研究室)研究チーム長)
柿崎 隆夫氏 (日本大学横断ロボティクスソサエティ(NUROS)シニア エグゼクティブ フェロー)
内田 洋平氏 (国立研究開発法人 産業技術総合研究所 福島再生可能エネルギー研究所(FREA)地中熱チーム 研究チーム長)

(執筆:デジタル行政 編集部 柏 海)