デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 横浜市、みなとみらい21地区...

横浜市、みなとみらい21地区・関内地区周辺で自動運転サービスの実証実験を実施[ニュース]

横浜市、みなとみらい21地区・関内地区周辺で自動運転サービスの実証実験を実施[ニュース]

神奈川県横浜市は9月21日~10月30日の間、みなとみらい21地区・関内地区周辺で自動運転サービスの実証実験を実施する。

横浜市では「グローバル拠点都市」に選定されたことを契機に、まちぐるみのオープンイノベーションを推進しており、新ビジネス創出に向けた実証実験に積極的に取り組んでいる。その一環として、I・TOP横浜において、日産自動車株式会社が株式会社NTTドコモと協力し、みなとみらい21地区・関内地区にて、オンデマンド配車サービス「AI運行バス」を用いた「Easy Ride」(自動運転車両を活用した新しい交通サービス)の実証実験を令和3年9月21日から開始する。

※ I・TOP横浜=横浜経済の強みである「ものづくり・IT産業の集積」を活かし、IoT等(IoT、ビッグデータ、 AI、ロボット等)を活用したビジネス創出に向けた、交流・連携、プロジェクト推進、人材育 成等を包括的に進めていくプラットフォーム

実証実験の概要は次の通り。

【実証実験期間】
令和3年9月21日(火)から10月30日(土)まで 8:30~16:00(予定)
※日曜、月曜除く

【実施エリア】
みなとみらい21地区、関内地区周辺

【配車予約方法】
NTTドコモのスマートフォン向け配車アプリ「AI運行バス」から予約。行きたい場所を地図から直接指定する以外に、ショッピングや食事、観光など のカテゴリから目的地を選択することが可能。
※利用登録が必要

なお、本実証実験にあたっては、8月15日まで一般モニターの参加者約200名を募集している。参加費は無料。参加にあたり①事前説明会への参加②参加同意書への同意③乗車後および実証実験終了後にアンケートへの協力が必須となる。

エントリーはこちら

(執筆:デジタル行政 編集部 柏 海)