デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 豊中市、災害時にWi-Fiを...

豊中市、災害時にWi-Fiを無料開放へ[ニュース]

豊中市、災害時にWi-Fiを無料開放へ[ニュース]

大阪府豊中市は、市内57か所の市立小中学校の体育館などを避難所として開設する際、Wi-Fiを無料で利用できる環境を整備した。
情報収集や連絡の手段が限られる災害時の避難所でも、避難者が安定したインターネット通信を利用できるようになる。

■災害時のWi-Fi開放の概要

・大規模地震などの災害発生時に避難所を開設する際、豊中市立小中学校の体育館・運動場にてアクセスポイント(各校の体育館に2カ所と運動場に1カ所の計3カ所設置。アクセスポイントごとに最大80台の端末が同時接続可能)を一般向けに無料開放

・個人のiPhoneやAndroid端末などから接続可能

・校内ネットワークへのアクセスや同一ネットワーク内の端末間での通信を制限することで、セキュリティ環境を確保

(執筆:デジタル行政 編集部 野下 智之)