デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 取手市、宮崎県都城市議会関係...

取手市、宮崎県都城市議会関係者のオンライン視察受け入れ[ニュース]

取手市、宮崎県都城市議会関係者のオンライン視察受け入れ[ニュース]

茨城県取手市は8月4日、「議会のICT化・オンライン化(デモテック)の取り組み」に関し、宮崎県都城市議会関係者のオンラインによる視察研修を受け入れた。

都城市議会からは、総務委員会の全委員と議会事務局職員がオンライン視察研修に参加した。一方の取手市議会からは、齊藤議長、議会運営委員会の岩澤委員長、赤羽(あかば)委員、議会事務局職員が参加。

研修では、取手市が行っている議会のICT化・オンライン化(デモテック)の取り組みについて、特に「取り組みの背景・経緯」「取り組みの具体的内容」「取り組みの効果」「執行部との調整」「これから取り組むにあたってのアドバイス等」というテーマのもと、議会事務局職員が資料や動画を画面に映し出しながら説明をおこなった。

都城市議会では、3年前から議会のICT化を目標に、タブレット端末や電子会議システムの導入に向けて調査・研究を進めている。

(執筆:デジタル行政 編集部 野下 智之)