デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 苫小牧市、実証実験で可視化さ...

苫小牧市、実証実験で可視化されたアシスタントAI導入による業務改善結果を公表[ニュース]

苫小牧市、実証実験で可視化されたアシスタントAI導入による業務改善結果を公表[ニュース]

北海道苫小牧市は2020年3月〜2021年2月の間、苫小牧市自治体システム内(LGWAN)にて問い合わせ自動対応AIの導入と実証実験を実施。この度、問い合わせ自動対応AIの費用対効果等について公表した。

苫小牧市はベルズシステム株式会社(が開発・展開する、アシスタントAI「Roanna(ロアンナ)」を苫小牧市自治体システム内に導入し、庁内における業務効率化や経費時間圧縮に関する内容を実証実験として研究した。

本実証実験の結果の報告としては、
①想定費用対効果191万円(1年間)
②「回答数」「自動化率」の改善により省力化が進み、費用対効果はさらに高まる
の2点が挙げられている。

アシスタントAI「Roanna」の導入におけるアシスタントAIの実証期間中、総回答件数が3,107件、利用率は7.2%、費用対効果は約191万円という結果になっている。次年度以降、アシアスタントAIとの接点を増やし、利用率を20%に高めることで532万超。利用率30%で798万超の費用対効果が出せることが明確な数値として割り出すことが出来るとしている。

また、自動化率の課題としては、導入時において、これまでのチャットボットや「検索を行う」というネットの経験から「単語や挨拶などを試しに打ち込んでみて体験してみよう!」 という市民もいたことで、導入時には一時的に回答数(自動化率)が落ちる減少が見られた。その一方で、2020年6月に、質問傾向に合わせてシステムをアップデートしたことで自動化率は18.7%上昇、企業や行政のスタイルに合わせてAIを育てていくことが可能であることも証明されてる。

更に今後、「自動化率」を高めるためには、多くの質問数を集め、その質問に対して的確な答えを設定していくことが必要不可欠とし、予想される質問と答えを設定しておくことで、あらゆる質問の言語のゆらぎを超えて、回答を素早く提供することが可能となるとした。

(執筆:デジタル行政 編集部 柏 海)