デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 東京都主催 「都知事杯オープ...

東京都主催 「都知事杯オープンデータ・ハッカソン」開催決定 [ニュース]

東京都主催 「都知事杯オープンデータ・ハッカソン」開催決定 [ニュース]

東京都が主催する2021年度の「都知事杯オープンデータ・ハッカソン」について、株式会社ボーンレックスが本イベントの運営を東京都より受託し、11月5日(金)より参加希望者(個人または団体)の募集を開始した。本イベントは、新たなサービス開発を志す人や自身の技術力を試したいエンジニア・デザイナー等が集結し、東京都のオープンデータを活用したサービスやシステム、アプリケーション開発の成果を競い合う5日間のハッカソンイベント。都知事杯の贈呈や、その後の東京都によるサービス実装に向けた支援も予定している。

東京都は、行政が保有するデータを積極的に公開し、民間企業等がシビックテックを活用した新サービスを創出することで、都民のQOL向上に繋げていく取組みを進めている。この取組みを加速するため、東京都のオープンデータを活用して行政課題の解決に向けたデジタルサービスの提案を行う「都知事杯オープンデータ・ハッカソン」を開催する。

※ハッカソンとは、エンジニア、デザイナー、プランナーなどが与えられたテーマに対し、それぞれの技術やアイデアを持ち寄り、短期間(1日~1週間程度)に集中してサービスやシステム、アプリケーションなどを開発し、成果を競う開発イベントを指す。hack(ハック)+marathon(マラソン)からの造語。

【参加申し込みはこちらから】

https://www.shinsei.elg-front.jp/tokyo2/uketsuke/form.do?id=1633075521121

【本イベントの特色】

形式:オフライン×オンラインの融合型イベント(都内の感染症状況により変更の可能性もあり)

内容:参加者は、東京都から提供されるオープンデータを自由に加工し、都民のQOLを向上させる新サービスのプロトタイピングを短期間で目指す。宮坂副知事も審査員として参加する。5プロジェクトが選抜され、そのうち1プロジェクトに都知事杯を贈呈する。

参加者:サービス開発に必要なメンバーで1チームとなり、開発を目指す。個人での参加や当日に参加者同士でチームを結成することも可能(都民以外も参加可能)。

【募集概要】

(1)開催スケジュール

 ハッカソン:2021年12月中旬の5日間

 First Stage:2022年1月中旬 (ハッカソンで作成したプロトタイプの内容をプレゼンする。)

 Final Stage:2022年1月下旬 (選抜した5者の中から最優秀の作品に対して都知事杯を贈呈。)

(2)応募対象者

 東京都のオープンデータを活用したサービス開発を目指す個人又は団体

(3)応募条件(詳細は別途募集要項を参照)

・東京都が抱える行政課題の解決に資するサービス案を検討していること。

・東京都のオープンデータを活用予定であること。

・予定されている日程に参加できること。

(4)応募期間

2021年11月5日(金)~12月8日(水)

(5)応募方法や提出書類等

募集要項URL

https://portal.data.metro.tokyo.lg.jp/hackathon/

(6)参加申し込みフォーム

https://www.shinsei.elg-front.jp/tokyo2/uketsuke/form.do?id=1633075521121

(執筆:デジタル行政 編集部 與那嶺 俊)