デジタル行政について
  • TOP
  • 事例
  • 高山市、行政DXの推進計画策...

高山市、行政DXの推進計画策定に向け検討を開始[ニュース]

高山市、行政DXの推進計画策定に向け検討を開始[ニュース]

岐阜県では、今年秋を目途とした「岐阜県DX推進計画」の策定が進められている。また同県県下の高山市もまた、「高山市DX推進計画(仮称)」の策定を進めている。

高山市はDXに対し、同市が抱える諸課題への対応を包括的に進めるため、全国的な潮流に遅れることなく強力に推進していく必要があると認識している。そして、同市職員のみならず、市民や民間事業者をも巻き込んで推進する必要があるという考えのもと、関わる者皆が目指すべき方向性を共有できるような「道標(≒サーチライト)」とするべく、全庁的な体制を整えるなかで「高山市DX推進計画(仮称)」の策定を進めている。

【策定に向けた体制】

策定に向けた体制は、市長を本部長とし、副市長、教育長、各部長職が本部員となる「行政経営推進本部」を母体とし、協議・検討を進める。また、「行政経営推進委員会」や「地域経済懇談会」などの審議会等を通して、外部有識者から広く意見を取り入れたり、総務省地域情報化アドバイザー事業の活用や地域のデジタル人材とも連携し、地域のデジタル化を推進する。

また、「DX推進計画(仮称)」のとりまとめにあたり、庁内で横断的な推進体制をとることとし、「行政経営推進本部」の下に「DX推進部会」を編成し、議論を深めながら進める。

「DX推進部会」は、民間を含む各分野から幅広い意見等を聴取、意見交換し、計画内容や今後の取組みに反映したり、デジタル技術を活用した効率化や市民サービス向上に向けた推進役となる人材の育成を目的とし、4月16日から10月1日まで開催される。

高山市はまた、本計画策定に向けて、市民や事業者からも意見を募集している。

https://logoform.jp/form/kHVi/18133

(執筆:デジタル行政 編集部 野下 智之)