デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 仙台市、デジタルで人と地域を...

仙台市、デジタルで人と地域をつなぐオンライン観光等推進事業を開始[ニュース]

仙台市、デジタルで人と地域をつなぐオンライン観光等推進事業を開始[ニュース]

宮城県仙台市は9月10日、デジタルで人と地域をつなぐオンライン観光等推進事業を開始した。

本事業は、自宅にいながら東北の個性豊かな地域や人、バラエティに富んだ特産品など多彩な魅力をインターネットを通じて体験することができるオンラインツアーコンテンツの造成支援を通じて、地場産品の消費拡大や、交流人口の拡大を目指す。また、オンラインツアーと連動したバスツアーの企画・販売を支援し、東北地方への誘客を促進する。

併せて、東北で観光に携わる人たちを対象とした研修会などを開催し、ネットワークの構築や人材育成を推進することで、地域の事業者が独自にツアーを造成することができるような仕組みの構築を目指す。

オンラインツアー・バスツアーでは4つのジャンルを設けて東北を舞台としたオンラインツアーや現地を訪問するバスツアーを企画、販売する。オンラインツアーでは、食料やお酒、体験キットなどを事前に自宅等に届け、リアルタイムで楽しみながらツアーに参加することができるよう、趣向を凝らした企画を展開していく。

(1)フーディ 東北の豊かな食と酒
東北の豊かな食と地域ごとに特徴あるお酒によるマリアージュを楽しむことができる。

(2)アドベンチャー 東北の豊かな自然
海や山、湖など、東北の豊かな自然や地域の営みを体感することができる。

(3)スタディ 東北の知の恵み
創作体験などを通じて、東北各地の歴史や伝統工芸を学ぶことができる。

(4)NEXT 東北の新たな可能性
ジャンルに捉われず、新たな視点から発見される東北の魅力に触れることができる。

オンラインツアーやバスツアーについては、ウェブサイト「オラツー東北!(URL)」に随時追加し、掲載していく予定。

なお、「オラツー東北!」は、「オンラインツアー東北」を省略し、これから始まる東北の新しい観光の取り組みを“新しい言葉”で“合言葉”のように発信するキャッチコピーとなっている。

第1弾オンラインツアーについては、下記のスケジュールで開催予定となっている。

【日時】
令和3年9月23日(木曜日・祝日)13時から15時

【テーマ】
「森」からひもとく復興の歩み

【内容】
1.あの日のこと、語り部による体験談
震災当時どのような経験をしたのか、そこからの復興の歩みについて、2020年秋開園の復興祈念公園から中継でお届け。

2.持続可能な林業「南三陸の森」
山林と中継をつなぎ、持続可能な林業について林業家の方から話を伺う。

3.南三陸杉を使用!箸置き作りワークショップ
販売セットに含まれている箸置きセットを使用し、南三陸杉を紙やすりで磨く。間伐材を使用したサスティナブルな取り組み。

【販売セット】
1.基本セット(販売価格3,500円)
(送付物)箸置きセット、森林ガイド「よい山悪い山」

2.贅沢セット(販売価格5,400円)
(送付物)箸置きセット、森林ガイド「よい山悪い山」、リフレッシュエアミストミニ、燻製牡蠣

【参加方法】
1.販売期間
令和3年9月16日(木曜日)まで

2.申込方法
ツアー販売ページ(URL)からお申込みください。

3.その他
当日は、Zoomを使用。

(執筆:デジタル行政 編集部 柏 海)