デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 仙台いのち支えるLINE相談...

仙台いのち支えるLINE相談、仕様を一部変更して再開[ニュース]

仙台いのち支えるLINE相談、仕様を一部変更して再開[ニュース]

宮城県仙台市は、今年3月に発覚したLINE社の個人情報管理不備問題を受けて運用を一時停止していた、生活上の困りごとや悩みごとをチャット形式で相談できる窓口「仙台市いのち支えるLINE相談」を8月8日に、一部仕様を変更して再開した。

再開にあたっては、内閣官房等より示されたガイドラインに基づき、運用システムの仕様を一部変更し、セキュリティが確保された体制を整えた。

今回の変更により、相談時にLINEの「相談する」ボタンを押すと、別のシステムに自動遷移するような仕様となった。相談内容はセキュリティが確保された別のシステムに保存され、LINE社側のシステムには保存されない。

「仙台市いのち支えるLINE相談」について

(1)開設時間

月曜・日曜・祝日・祝翌日の18時~21時

(2)対象

仙台市内在住者、通勤または通学者で、主に若年者層を対象

※若年者以外の方からの相談も可能

(3)内容

生活上の困りごとや悩みごとなどに、心理カウンセラー等の専門スタッフが、具体的な対応方法などを提供。

(4)利用方法

1.アカウントのID検索や市ホームページから、LINE公式アカウント「仙台いのち支えるLINE相談」を検索。

アカウントのID 「@083xfyxn」

市ホームページから登録

(URL)仙台市いのち支えるLINE相談

2.相談受付時間内にメニューの「相談する」ボタンをタップ。

(執筆:デジタル行政 編集部 野下 智之)