デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 西予市、副業クラウドで3名の...

西予市、副業クラウドで3名の複業人材を登用決定[ニュース]

西予市、副業クラウドで3名の複業人材を登用決定[ニュース]

愛媛県西予市は、株式会社Another worksが展開する成功報酬無料のSaaS型 複業マッチングプラットフォーム「複業クラウド」を活用し、2021年12月21日、役場内に複業人材を登用する実証実験において、即戦力の複業アドバイザー3名の参画を決定した。

日本は人口減少・少子高齢化という深刻な課題に直面しており、特に地方自治体では移住定住の促進・観光客の誘致・地域活性化のため、さまざまな課題を抱えている。
国も自律的で持続的な社会を維持するため、まち・ひと・しごと創生総合戦略を策定したり、地方創生関連の交付金を計上したりと、日本全体が地方創生に向けて動き出している。
西予市においても、課題を解決できる複業人材とのマッチングを推進すべく、Another worksと2021年11月8日に連携協定を締結した。

西予市で今回登用されたのは「行政DXアドバイザー」「産業DXアドバイザー」「広報・PRアドバイザー」の3職種の複業人材。
期間は12月中旬から翌年6月末までの約6ヶ月間の予定。

(執筆:デジタル行政 編集部 和泉 理子)