デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 大阪府、LINEを活用した「...

大阪府、LINEを活用した「大阪府道路通報システム」の試行運用を開始[ニュース]

大阪府、LINEを活用した「大阪府道路通報システム」の試行運用を開始[ニュース]

大阪府は、道路の損傷などの不具合について、府民が簡単に通報できるよう、「LINE」を活用した24時間通報が可能なシステムの検討を進めている。今回、システムの有効性を検証するため、通報システムを実際に使用できる試行運用を開始し、府民への利用を呼びかけている。

詳細情報は次のとおり。

1.LINEアカウント名

 「大阪府道路通報システム」

2.期間

 令和3年7月21日(水曜日)午後2時 から 本格運用開始(令和4年2月頃を予定) まで

3.通報対象施設

 大阪府が管理する一般国道及び府道の道路施設(アスファルト舗装、側溝、ガードレール、照明灯など)

4.通報する情報

 スマートフォンのカメラとGPSを利用し、発見した不具合箇所の状況写真と位置情報の2点を送信する。

5.利用方法

 利用には、LINEアプリのダウンロードならびに、本LINEアカウント「大阪府道路通報システム」の友だち追加が必要。

 友だち追加QRコードはこちらから。

https://www.pref.osaka.lg.jp/jigyokanri/dorotuho/index.html

(執筆:デジタル行政 編集部 大野 裕貴)