デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 大阪市、5GとXR技術を用い...

大阪市、5GとXR技術を用いた歯科領域の遠隔手術支援の実証実験に挑戦[ニュース]

大阪市、5GとXR技術を用いた歯科領域の遠隔手術支援の実証実験に挑戦[ニュース]

大阪府大阪市は7月12日、「5G X LAB OSAKA」で5GとXR技術を用いた歯科領域の遠隔手術支援の実証実験を行う。

現在、若手歯科医師の診断・治療技術の向上は、所属医院の上級医師の知識や技術によるところが大きいことが課題の一つとされる。本実証実験はその解決策として地域に依存しない遠隔地からの指導、支援の実証を行うものとなる。

本実証実験は全3回を予定しており、7月12日に実施する実証実験では、5GとXR技術を用いて、東京にいる指導医が、大阪にいる若手歯科医師にVR空間で顎骨の3Dモデル、手術に必要な3次元の動きを共有、診断・治療の指導、支援を実施した。

実証実験の概要は次の通り。

【実施名称】
5GネットワークにおけるXR歯科手術支援の有効性の検証

【実施主体】
Holoeyes株式会社

【内容】
5Gを用いた遠隔手術支援として、インプラント手術を例とする実証実験を実施し、知識、技術の若手歯科医師への伝授が物理的な場所の制約を受けないことを検証する。

【実施の流れ】
ステップ1=令和3年7月12日(月曜日) 13時から18時まで
過去にインプラント手術を受けた患者データを使い、東京にいる指導医と大阪にいる若手歯科医師による症例検討とXR技術を用いた解剖手順などの確認。

ステップ2=令和3年8月予定
これから実際に手術を受ける患者のデータを使い、東京にいる指導医と大阪にいる若手歯科医師による3Dプリンティング模型を用いた術前の手術指導。

ステップ3=令和3年9月予定
東京にいる指導医が遠隔指導しながら、大阪にいる若手歯科医師が患者の手術を実施。

【実施場所】
大阪会場:5G X LAB OSAKA
東京会場:ソフトバンク株式会社本社

(執筆:デジタル行政 編集部 柏 海)