デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 名古屋市、AIを活用した防犯...

名古屋市、AIを活用した防犯対策推進事業に『Patrol Community』を採用

名古屋市、AIを活用した防犯対策推進事業に『Patrol Community』を採用

愛知県名古屋市では犯罪抑止の取り組みを支援するため、防犯パトロールを行う地域団体等に対して『Patrol Community』を利用可能とする「AIを活用した防犯対策推進事業」を実施している。

Patrol Communityは世界最高精度の予測手法を含む独自のアルゴリズムに基づき、犯罪を予測するシステム”CRIME NABI” を提供する株式会社Singular Perturbations(東京都千代田区、代表取締役CEO: 梶田真実、読み方:シンギュラーパータベーションズ)による、犯罪予測を用いたパトロール最適化支援サービスとなっており、2021年7月19日より名古屋市に対してサービスを提供している。

Patrol Communityについて名古屋市スポーツ市民局地域安全推進課は、地域活動で気軽に最先端の技術を利用できることは画期的。防犯対策において、地域防犯活動が担う役割は大きいが、行政としてどのような支援ができるかが課題だった。Patrol Communityの利用を広めて、地域防犯活動の活性化につなげていきたい、とコメントした。

※Patrol Communityとは

Patrol Communityは株式会社Singular Perturbationsが所有する犯罪予測システムのCRIME NABIによる予測結果を用いた防犯・警備ソリューション。昨年より名古屋市を含む自治体との実証実験を経て今回のタイミングより正式版として提供を開始している。

【特徴】

1. ルート作成

今まで、警備をする人の勘に頼っていたパトロール経路の策定を犯罪予測結果に基づき犯罪の発生しうる可能性の高い場所を長く警備するような経路が作成可能。

2. パトロール

作成したルートに基づいた実際のパトロール活動をトラッキング、パトロール中に発見した事案を画像やテキストでルート上でピンポイントに投稿することが可能となっている。また、この実績情報をもとに自動で日報が作成される。

3. 管理

自動作成された日報の蓄積、管理、グループ内での共有といった機能が提供されている。警備状況の可視化・効果分析を行うWebアプリケーションも開発中。

(執筆:デジタル行政 編集部 大野 裕貴)