デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 宮城県、台湾バイヤーとのオン...

宮城県、台湾バイヤーとのオンライン商談会を開催[ニュース]

宮城県、台湾バイヤーとのオンライン商談会を開催[ニュース]

宮城県と公益社団法人宮城県国際経済振興協会では、県内企業の台湾販路開拓と取引拡大支援を目的として、台日中小企業プラットフォーム(TJSCP)と連携し、食品・生活用品関係の台湾バイヤーとのオンライン商談会を開催する。

日時は、令和3年10月22日(金)を予定。対象相手は、食品・生活用品関係のバイヤーである。

オンライン商談までの流れは下記の通り。

オンライン商談会までの流れ

参加申込         :7月30日まで           県内企業⇒宮城県

事前マッチング         :8月上旬~中旬           宮城県⇔台湾バイヤー

事前マッチング結果の連絡 :8月中旬~下旬           宮城県⇒県内企業

商談時間調整            :9月中               宮城県⇔県内企業

オンライン商談会開催        :10月22日          県内企業⇔台湾バイヤー

宮城県が手配した会場からの接続、または、自社からのオンライン参加による、複数企業同時の商談会を予定。商談の際は、「Microsoft Teams」を使用する。通訳は台湾側会場に同席する。

参加対象者は、台湾バイヤーとの取引を希望する、宮城県内に本店、または、主要な拠点を有する企業・団体等。

応募希望者は、令和3年7月30日(金曜日)午後1時まで、宮城県経済商工観光部国際ビジネス推進室で受け付ける。

詳細はこちらから

(執筆:デジタル行政 編集部 野下 智之)