デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 三島市、移住定住応援サイト「...

三島市、移住定住応援サイト「笑顔マシマシ!三島市暮らし」を公開[ニュース]

三島市、移住定住応援サイト「笑顔マシマシ!三島市暮らし」を公開[ニュース]

静岡県三島市は9月14日、移住定住応援サイト「笑顔マシマシ!三島市暮らし」を公開した。

三島市では「第2期住むなら三島・総合戦略~まち・ひと・しごと創生~」に基づき、人口減少対策として、新幹線で品川まで最短37分という立地を生かした移住定住促進事業を進めている。また、昨今の新型コロナウイルス感染症の拡大により、地方移住に対する関心も高まっている。そこで、三島市では移住希望者にとって必要な情報が分かりやすく伝わるよう、情報収集の手段となる移住者向けのホームページ(URL)をリニューアルした。

リニューアルのポイントは大きく3つ。

●市制80周年を機に移住希望者向けホームぺージを全面リニューアル。
●これに合わせ、三島市移住アンバサダーも始動し、移住者のリアルな声を知ることができるホームページとなっている。
●三島市での暮らしぶりや、施設情報など、移住検討時に欲しい情報を集約したサイトとなっている。

また、三島市についての概要は次の通り。

●ONもOFFも、よくばり&快適!
静岡県東部に位置する三島市は、首都圏まで新幹線で約1時間の快適通勤エリア。転職することなく移住が可能なことから、首都圏からの移住者ニーズも年々高まってきている。さらに、富士山や伊豆半島、箱根にも近く、四季の自然が豊かな三島市は、趣味やレジャーの舞台としても最適。まさに「ON・OFFともに大満足!」のよくばりライフが満喫できるまちとなっている。

●美しい水と、あふれる自然・文化
三島市は「水の都」とも呼ばれる。その名のとおり市内各所には富士山からの伏流水が美しいせせらぎとなって流れ、身近に水に親しむことのできる親水スポットも数多く点在している。また三嶋大社をはじめ、江戸時代に東海道の宿場町として栄えた歴史を物語る貴重な資産も数多く残されているなど、文化的な魅力に満ちた暮らしを楽しむことができる。

●のびのび充実!子育て環境
「子どもは豊かな自然の中で育てたい」。そんな思いを抱いているパパやママには三島市がピッタリ!豊かな自然環境の中でのびのびとした心豊かな子育てライフが送れるのはもちろん、文教都市としても知られる三島には小中学校から高校、大学まで、多様で先進的な取り組みを行う教育施設も多数存在。健やかな心とともに優れた知性を伸ばす環境が十分に整っている。

(執筆:デジタル行政 編集部 柏 海)