デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 京都市、市内で無料スマートフ...

京都市、市内で無料スマートフォン講座を200回以上開催[ニュース]

京都市、市内で無料スマートフォン講座を200回以上開催[ニュース]

京都市は7月9日、ソフトバンク株式会社との間で「地域コミュニティ活性化のためのデジタル化推進に関する連携協定」を締結した。

今回結んだ連携協定では、地域コミュニティにおけるスマートフォン等を活用した「新しい地域活動スタイル」の普及・定着に向けて、地域団体のICTツールの導入・活用支援を目的としている。また、内容として、自治会・町内会等の地域団体等を対象に、行政施設や地域の集会所等において、スマートフォン講座を延べ200回以上開催することを盛り込んでいる。

今後、京都市では本連携協定に基づき、各区役所・支所や地域の集会所等において、地域団体等を対象とした無料のスマートフォン講座を開催することを通じて、市民のデジタルデバイド(情報格差)の解消、地域コミュニティの活性化に取り組んでいく。

スマートフォン講座の概要は次の通り。

【対象】
自治会・町内会等の地域団体等
<定員>1開催当たり20名(最少催行人数5名)

【メニュー】
①スマートフォン入門講座
・電話やメールの使い方などの基本操作を体験
②スマートフォン活用講座
・LINEやZoomを使った地域活動の新たな方法を体験

【講師】
・ソフトバンク株式会社のスマホアドバイザー

【場所】
・行政施設や地域の集会所等(受講者側が確保)

【開催日時】
・月曜日~金曜日(祝日を除く)
・所要時間は基本120分 ※講座時間等は応相談

【料金】
・無料

【各団体からの講座の申込方法】
申込フォームから

(執筆:デジタル行政 編集部 柏 海)