デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 小牧市、コロナ感染による出席...

小牧市、コロナ感染による出席停止や心配で登校を控える児童生徒に授業のオンライン配信の試行を実施[ニュース]

小牧市、コロナ感染による出席停止や心配で登校を控える児童生徒に授業のオンライン配信の試行を実施[ニュース]

愛知県小牧市は9月から、コロナ感染による出席停止や心配で登校を控える小中学校の児童生徒を対象として、授業のオンライン配信の試行を実施する。

小牧市では、日々の学習活動を支え、こどもたちの時代を切り拓く力を高めるために必要なICT環境を整備するため、また、新型コロナウイルス感染症等による長期の臨時休校等が発生した場合に備え、児童生徒1人1台端末の整備を急ピッチで進めてきた。

この度は新型コロナウイルス感染症の感染状況を鑑み、一定期間、学校に登校できない児童生徒について、学校と児童生徒・家庭をつなぐ手段を確保し、学習に著しい遅れが生じることのないようにするため、学習手段の一つとして学校の授業の様子をオンラインで配信する。

オンライン配信の対象は、新型コロナウイルス感染症による出席停止になった児童生徒に加え、家庭の判断で登校を控える児童生徒となる。

オンライン配信は学校の準備が整い次第、学年ごとに原則5教科(国語、算数・数学、社会、理科、英語)の授業の様子をウェブ会議システムで配信を行う。

(執筆:デジタル行政 編集部 柏 海)