デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 神戸医療産業都市推進機構、「...

神戸医療産業都市推進機構、「神戸医療産業都市 一般公開 2021 ONLINE」を10月に開催[ニュース]

神戸医療産業都市推進機構、「神戸医療産業都市 一般公開 2021 ONLINE」を10月に開催[ニュース]

神戸医療産業都市推進機構は10月30日・31日の両日、「神戸医療産業都市(KBIC)一般公開」を開催する。

「神戸医療産業都市 一般公開」では最先端の医療と科学の現場を年に一度、広く一般に公開しており、毎年延べ10,000人以上が来訪している、神戸医療産業都市最大の市民向けイベントとなる。見学ツアーや実験体験など、実際に見て、触れて、学べることがこのイベントの特徴となっているが、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、今年もオンライン上で開催することとなった。

今年のイチオシは、「KBIC見学動画ツアー」。お笑い芸人のドキドキ☆純情ガールズが、普段入ることができないKBIC内の病院や研究機関を訪れ、各団体がどのようなことをしているか、楽しく・分かりやすく紹介する。また、スーパーコンピュータ「富岳」をバーチャルで見て触れることができるコンテンツ(バーチャルツアー&バーチャルツイン)、各団体が企画するクイズやゲーム、セミナーなど、様々なイベントを通して、楽しみながら最先端の医療や科学に触れることができる。

イベントの概要は次の通り。

【開催日時】
令和3年10月30日、31日(土・日)
特設サイト(URL)にて公開予定

【参加団体】
神戸市、神戸医療産業都市推進機構、計算科学振興財団、高度情報科学技術研究機構、甲南大学フロンティア、サイエンス学部、神戸大学、日本ベーリンガーインゲルハイム㈱、神戸医薬研究所(KPRI)、兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス、理化学研究所

【協力団体】
アエラスバイオ㈱、科学技術振興機構(JST)、神戸学院大学、神戸低侵襲がん医療センター、神戸大学医学部、附属病院 国際がん医療・研究センター、兵庫県立粒子線医療センター附属神戸陽子線センター、日本医師会 治験促進センター、NEXT VISION、㈱NTTデータ、バンドー神戸青少年科学館、兵庫県臨床工学技士会、兵庫県放射線技師会、兵庫県言語聴覚士会、兵庫県作業療法士会、兵庫県臨床検査技師会

(執筆:デジタル行政 編集部 柏 海)