デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 北九州市、企業DX推進、IT...

北九州市、企業DX推進、IT人材交流、ワーケーションによる関係人口創出へ連携協定を締結[ニュース]

北九州市、企業DX推進、IT人材交流、ワーケーションによる関係人口創出へ連携協定を締結[ニュース]

北九州市は、ウィルグループのITエンジニアなどTECH人材向けコミュニティ型賃貸住宅「TECH RESIDENCE(テックレジデンス)」を展開している株式会社CEspace(本社:東京都港区、代表取締役社長 若泉 大輔、以下「CEspace」)と、北九州市における首都圏IT人材を活用した市内企業DX推進、IT人材交流、ワーケーションによる関係人口創出に向けて連携協定を締結した。 

【取り組み概要】いずれも9月から順次始動

1.首都圏等のIT人材を活用した市内中小企業等のDX支援に関すること

北九州市では「複業・兼業による関係人口づくり事業※1」(企画調整局東京事務所)を今年度開始しており、CEspaceが運営するテックレジデンス入居者ほか、主に首都圏で活躍するテックレジデンス会員の知見を活かし、北九州市内中小企業の課題解決を図り、生産性向上を目指す。

※1 「複業・兼業による関係人口づくり事業」https://www.city.kitakyushu.lg.jp/kikaku/01400134.html

2.複業・兼業やワーケーションによる首都圏等のIT人材との関係人口づくりに関すること

「複業・兼業による関係人口づくり事業」の業務受託者である、株式会社FFGビジネスコンサルティング社と連携し進める。またこの事業を推進していくにあたり、CEspaceが運営するテックレジデンス入居者には、金銭報酬だけではなく非金銭報酬として「北九州市 TECHアドバイザー」の名称および名刺発行をし、個人の経験やキャリアにつながる支援を行っていく。

「北九州市 TECHアドバイザー」制度

CEspaceおよび北九州市が定める認定基準にて発行し、実績に応じて北九州市 企画調整局 地方創生推進室付け名刺へ昇格する仕組み。

TECHアドバイザー名刺(デザイン例)

3.ワーケーションなど新しい働き方に対応した住まいやオフィス空間の活用に関すること

北九州市が実施する「おためしサテライトオフィス誘致促進事業※2」と連携し、ワーケーション企画ほか、北九州市の魅力につながるような九州地域初のテックレジデンス開設に向けた検討を行っていく。

※2「おためしサテライトオフィス誘致促進事業」https://www.city.kitakyushu.lg.jp/san-kei/11201016.html

4.市外のIT人材と、市内企業や教育機関等との交流機会の創出に関すること

ワーケーション企画と合わせて、CEspace会員と市内IT企業や理工系学校との滞在型ハッカソンイベントなどを実施し、新たなプロジェクト組成や、市内企業の採用力向上、学生への多様な働き方のモデルを体感する機会などを創出する。

5.その他、企業誘致に関すること

サテライト出店を検討する企業の紹介を実施。また、東京の企業と西日本工業大学は連携し完全オンライン型インターンシップによる実証実験を開始する予定。

【連携協定の背景】

北九州市は、これまで雇用創出につながるIT企業誘致や関係人口創出を目的とした「おためしサテライトオフィス誘致促進事業」などを通して、首都圏IT企業およびIT人材との交流の実現に取り組んできた。

CEspaceは、現在運営をする5棟のテックレジデンス入居者向けに、住まいの付加価値を向上させるため、ワーケーション制度の導入を行い、新たな住まいの価値を提供している。

本締結により、両者の強みを活かすことで首都圏を中心とした複業・兼業人材と市内企業のマッチングによるDX支援や大学と連携した人材交流、またワーケーションを通した相互の価値向上に取り組むとしている。

(執筆:デジタル行政 編集部 大野 裕貴)