デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 香美市、高知工科大学作成のA...

香美市、高知工科大学作成のAIチャットボットを試行[ニュース]

香美市、高知工科大学作成のAIチャットボットを試行[ニュース]

 高知県香美市は住民対応の迅速化と住民サービス向上、自治体職員の業務効率化を図るため、24 時間・365 日住民からの質問に対して、AI での自動応答を行っている。

対象分野は、新型コロナウィルス、引越し、福祉・生活支援、ゴミ、子育て、学校・教育、建設関係など、香美市の業務のほぼすべての分野に対応したものとなっている。

移住・定住希望者からの問い合わせにも対応可能で、多言語対応のため、外国人も利用できる。

自治体AIチャットボットは高知工科大学の学生が、香美市・地域と連携しながら構築している。

詳細情報はこちらから

https://www.city.kami.lg.jp/soshiki/4/chat.html

【その他の注意点】

・チャットボット(AI)で回答した情報の正確性・妥当性については、それを保証するものではないため、詳細な内容確認については関係部署へ確認すること。

・チャットボットは、問い合わせ内容と回答を結びつけることにより、適切な回答を表示するように調整を行っていくシステムとなっている。現時点では回答ができない質問についても、継続して調整を行い、回答精度の向上を行っている。

・入力された質問は、チャットボットの回答精度向上のために利用される。

・個人情報に関する質問は受け付けておらず、名前や住所、電話番号など個人情報に関する内容を入力しないように注意すること。

(執筆:デジタル行政 編集部 大野 裕貴)