デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 稲城市、コワーキングスペース...

稲城市、コワーキングスペースを試行的に開設[ニュース]

稲城市、コワーキングスペースを試行的に開設[ニュース]

東京都稲城市は7月1日、稲城市地域振興プラザ1階にてコワーキングスペースを試行的に開設した。

稲城市は新型コロナウイルス感染症の感染防止対策として新しい働き方への支援や、起業や再就職を目指す人への働く場の提供を目的として、コワーキングスペースを試行的に開設。今後はコワーキングスペースの需要の把握と利用された人からの意見・要望を聞きしながら、本格稼働を含め今後の方向性について検討していくとしている。

コワーキングスペースの主な概要は次の通り。

【利用できる人】
「市内在住・在勤・在学」の人で、「テレワーク・ノマドワーク・再就職準備・起業準備」のために、コワーキングスペースを利用したい人。

【利用可能日】
平日の午前9時から午後5時まで
(地域振興プラザの休館日等を除く。その他、市の事業や公的行事、災害等においては、利用を制限する場合がある)

【利用料】
無料

【最大同時利用者数】
4人

【最大利用時間】
上限なし

【主な設備】
フリーWi-Fi、コピー(有料)
(プリンター、Faxは利用不可)

(執筆:デジタル行政 編集部 柏 海)