デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 藤沢市、AI案内サービスの実...

藤沢市、AI案内サービスの実証実験を実施[ニュース]

藤沢市、AI案内サービスの実証実験を実施[ニュース]

藤沢市は藤沢市役所本庁舎 1 階エントランスにて、AI案内サービス「おしゃべり案内板」を使った、実証実験を実施する。

同市では、平成25年2月に「さがみロボット産業特区」の指定を受けてから,生活支援ロボットに関する先進的な取組を開始し、平成27年度から「藤沢市ロボット産業推進プロジェクト」を開始した。

平成30年度からは新たに「藤沢市ロボット未来社会推進プロジェクト」とをスタートさせており、今回のAI 案内サービスの実証実験では、株式会社 NTT ドコモの AI案内サービス「おしゃべり案内板®」を使用し、実証実験を実施する。

実証実験の概要は次の通り。

【日時】
2021年6月21日(月)から2021年8月20日(金)までの平日
各日とも9時から17時まで

【場所】
藤沢市役所本庁舎1階エントランス

【「おしゃべり案内板」の特徴】
・タッチと音声に対応した多言語AI案内サービス
・独自の対話エンジンを活用した、自然で温かみのあるコミュニケーションを実現
・画像やHPコンテンツを活用した分かりやすさを追求したインターフェース

【実証実験内容】
・ふじキュンとバーチャル職員が一次応対を担当
・音声操作でダイレクトに問合せ結果を表示
・ユニバーサルデザインで多言語対応(日、英、中、韓、タイ)
・利用データを活用した案内改善

(執筆:デジタル行政 編集部 柏 海)