デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 平塚市、地域経済キャッシュレ...

平塚市、地域経済キャッシュレス化推進事業を展開[ニュース]

平塚市、地域経済キャッシュレス化推進事業を展開[ニュース]

平塚市は令和3年度地域経済キャッシュレス化推進事業として「ひらつか☆スターライトポイント」を実施する。

本事業は令和2年度において、キャッシュレス決済の推進と市内経済の活性化を目的に実施され大きな効果を発揮した「ひらつか☆スターライトポイント」の機能を拡張して実施するものとなる。

本事業では平塚市が提供するアプリを通じて①スターライトポイントに加え、本年度より②スターライトマネー③スターライトマーレを提供。

①スターライトポイント(プレミアムあり)は、指定された販売店(チャージ店)で、現金と引き換えにスマートフォンにポイントをチャージすることで、指定された加盟店で使用できる。令和3年度は、6,000円分のスターライトポイントを現金5,000円で購入(チャージ)可能。なお、購入は平塚市在住者でかつ、抽選に当選した人に限り購入可能となっている。

②スターライトマネー(プレミアムなし)は、指定された販売店で、現金と引き換えにスマートフォンにポイントをチャージすることで、指定された加盟店で使用できる。スターライトマネーは地域通貨化に向けた実証実験として実施し、各店舗から出されるクーポン券やお知らせ情報などにより、お得に利用することが可能。なお、購入は平塚市在住者以外も含め、繰り返しのチャージおよび利用が可能となっている。

③スターライトマーレ(行政ポイント)は、平塚市が利用者に対して付与する行政ポイントとなる。初回は市外在住者の人からの平塚市へのふるさと納税(寄附金)の返礼品として実施(返礼率30%を予定)。付与されたポイントは、指定されたマーレ取扱店で使用可能となる。

(執筆:デジタル行政 編集部 柏 海)