デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 平塚市、障がい者のテレワーク...

平塚市、障がい者のテレワーク推進に関する連携協定を締結[ニュース]

平塚市、障がい者のテレワーク推進に関する連携協定を締結[ニュース]

神奈川県平塚市は9月24日、株式会社 D&Iと障がい者のテレワーク推進に関する連携協定を締結した。

平塚市は、障がい者の就労機会の拡大と社会参加の促進には、就労における通勤や職場環境、人間関係等に対する不安解消が課題の一つだと捉え、テレワークに着目した。テレワークの推進により、市内事業所にとっても雇用のハードルが下がり、障害者雇用促進法に基づく法定雇用率達成への寄与も期待できるとしており、またこの取り組みが平塚市のSDGs推進にも貢献するとしている。

連携協定の概要は次の通り。

(1)障がい者のテレワークによる就労機会創出
市内事業者に対してD&Iが障がい者雇用に関するノウハウや好事例をセミナー等により平塚市内事業者に情報提供

(2)障がい者のテレワークへの理解促進
障がい者のテレワークに関する情報提供を目的とし、市民等のニーズに合わせたセミナーを開催

(3)障がい者のテレワークを通じた共生社会の実現に関すること
障がい者の就労促進を目的とし、市民や市内事業所向けのセミナーやマッチングイベントを開催

今後、平塚市では、企業向けと障がい者・支援者向けにセミナーを実施していく。市内事業者にとっては、障害者雇用の一つの手法としてテレワークがあることを知ってもらい、自社に合った障害者雇用を考えるきっかけになることを目指す。

また、障がい者および支援者にとっては、テレワークという働き方を知ることで、自分の働く選択肢を広げるきっかけになることを目指す。その後は平塚市内の企業でのテレワーク雇用事例を作り、多様な働き方を実現することで、平塚市の障害者雇用をより促進させていく。

(執筆:デジタル行政 編集部 柏 海)