デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • デジタル庁、新型コロナワクチ...

デジタル庁、新型コロナワクチン接種証明書アプリを公表[ニュース]

デジタル庁、新型コロナワクチン接種証明書アプリを公表[ニュース]

デジタル庁は、2021年12月20日に新型コロナワクチン接種証明書アプリを公表した。
同アプリは、日本政府が公式に提供する、新型コロナワクチン接種証明書を取得できるアプリとなる。

利用希望者は、App StoreまたはGoogle Playで「接種証明書アプリ」と検索して、インストールすることが出来る。

接種証明書アプリでは、日本国内用と海外用の新型コロナワクチン接種証明書を取得できる。取得した接種証明書は、アプリを起動すればいつでも表示することが可能。
また、他のスマートフォン等で表示された接種証明書の二次元コードを読み取って、内容を確認することができる。

新型コロナワクチン接種証明書は、日本の予防接種法に基づいて各市区町村で実施された新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明するものである。氏名、生年月日、接種記録(ワクチンの種類、接種年月日、ロット番号など)が記載されている。また海外用では、加えて
パスポートの国籍や旅券番号が記載される。

利用するにあたっては、マイナンバーカード、マイナンバーカードの券面入力補助用暗証番号(4桁)、海外用を発行する場合にはパスポートが必要となる。

(執筆:デジタル行政 編集部 野下 智之)